しみず眼科

お問い合わせ
079-268-0700

しみず眼科

MENU

緑内障

Medical

Medical緑内障

日本人における視覚障害の原因疾患の第一位は緑内障です。治療せずに放置すると失明につながるおそれがあります。40歳以上の日本人の20人に一人が緑内障に罹患しています。

緑内障は視野(見える範囲)が狭くなってくる病気ですが、かなり視野障害が進行しないと自覚症状は出現しません。ですから初期の緑内障は視力も良好ですし、視野異常の自覚はなく、無症状です。中期視野障害でも、両目で見ていると良い方の目でカバーしてしまうため、視野異常を自覚できないこともあります。見えない部分がかなり広がるまで自覚症状がないことが多い病気です。また一度痛んだ視野障害は回復することはできません。

眼圧が急激に上昇して発症する急性緑内障では、眼の痛みや頭痛、吐き気など激しい症状を起こすことがあります。目が充血して、激しい目の痛みや頭痛があれば、早急に受診下さい。

緑内障を早期に発見し、治療をきちんと受けて、眼圧をしっかり管理できれば、多くの場合、失明に至るリスクは大きく減少します。早期発見と症状なくとも治療を継続することが大切です。

緑内障の原因

眼球の中は房水という水によって満たされており、眼球を球体に維持しています。この眼球を外側へ押す力を眼圧と呼んでおり、房水の量は産出と排出のバランスが保たれており、適度の眼圧で眼球を維持しています。しかし何らかの原因で房水の排出が妨げられると眼球内の房水の量が増加して眼圧が上昇し、視神経が圧迫されて損傷します。

しかしながら、緑内障の中で日本人に多いのは正常眼圧緑内障です。視神経の強さは人によって異なります。視神経が構造的に弱い場合は正常範囲の眼圧でも視神経が傷つけられます。この場合は現在の眼圧が正常値でも、視神経保護のためにはさらに眼圧を下降させないといけません。

近年光干渉断層計の進歩により、視神経障害が視野障害より先行して出現することがわかってきました。眼圧が正常範囲でも、光干渉断層計によって視神経の障害をとらえることが可能です。当院では最新の光干渉断層計を配備いたしておりますので、正常眼圧緑内障を診断することは可能です。健診で緑内障疑いと判定された方は、ご相談ください。

緑内障の治療

緑内障の治療では、まず今より眼圧を下げることが大切です。眼圧を下げることによって緑内障の症状が進行するのを遅らせる効果があるためです。目薬だけで眼圧をコントロールできる方が多いです。しかしながら点眼薬でも効果がない場合、レーザー治療や手術治療を必要とします。

Medical List診療案内