しみず眼科

お問い合わせ
079-268-0700

しみず眼科

MENU

白内障

Medical

Medical白内障

白内障は目の水晶体が濁ってくる病気です。白内障の多くは老人性ですが、他にも先天性、外傷性、アトピー性、糖尿病、ステロイドなどの薬剤性、炎症による白内障もあります。水晶体を構成するたんぱく質が変性し、黄白色または白色に濁ることによって発症します。これらの変化は個人差はありますが早い場合では40歳代から始まり、加齢とともに増えていきます。
アトピー性の白内障や糖尿病による白内障は、30~40歳代くらいの比較的若年層に発症する事がわかっています。

このほか、妊娠中の母体の風疹感染で生まれつき白内障を発症しているケースや、けがやステロイドなどの副作用で白内障を起こすこともあります。

白内障の症状

白内障の症状は、視界が全体的にかすむ、視力が低下する、光をまぶしく感じる等があります。

白内障の治療

仕事や生活に支障が出ていない初期の場合は、経過観察します。ピレノキシン製剤やグルタチオン製剤による点眼治療を施行することもありますが、薬を使用しても水晶体が透明に戻るわけではなく、あくまで白内障の進行速度を緩めることが目的です。

日常生活に支障が出てきた場合、外科的手術が行われます。現在では「超音波乳化吸引術」が一般的です。この手術では、濁った水晶体を超音波で粉砕して取り除き、人工水晶体である眼内レンズを挿入します。

白内障の手術は、多くの患者さんが安心して受けることができる手術の1つです。また、手術を受ければ、視力の回復が見込める病気です。最近は多焦点眼内レンズ(遠近両用眼内レンズ)を希望者には挿入することがあります。多焦点眼内レンズをご希望される方はご相談ください。

Medical List診療案内