しみず眼科

お問い合わせ
079-268-0700

しみず眼科

MENU

小児眼科

Medical

Medical小児眼科

お子さまが大人とほぼ同じ視力まで成長するのが6歳ころと言われています。生まれたばかりの赤ちゃんはまだぼんやりとしか見えていません。生後3ヶ月~2歳頃に急激に発達し、小学校に行く6歳頃に大人と同じくらいまで見えるようになってきます。

小児の目の異変は、早期発見、早期治療が最も大事なのですが、幼いお子さまは、自分で「目が悪い・見にくい」とは言ってくれません。
その為、3歳児検診や就学前検診で目が悪いことにはじめて気づき、受診される方も少なくありません。
早い時期に治療を受ければ、視機能の発達を促していくことが可能です。検診で視力不良を指摘された場合はお早めにご相談ください。

Medical斜視

斜視とは片方の目は視線が正しく目標とする方向に向いているが、もう片方の目が内側や外側、あるいは上や下に向いている状態のことを言います。

常に斜視が存在する場合(恒常性斜視)と、時々斜視の状態になる場合(間歇性斜視)とがあります。また、生まれた直後から斜視が明らかに存在する場合と、成長してから目立ってくる場合とがあります。

乳児内斜視は早めに治療が必要なことがあります。乳児で目が内側に向いている場合は早めに受診下さい。

Medical弱視

6歳くらいまでの視力発達の大切な時期に、片目または両目に適切な視覚刺激を受け取ることができないと、視力の発達が止まったり遅れたりして、視力が正常に成長しない場合があり、これを「弱視」と言います。目の病気(白内障や眼瞼下垂など)や、斜視や、屈折異常(遠視や乱視など)などが原因となります。健診で視力不良を指摘されたお子様は早めにご相談ください。

Medical List診療案内