しみず眼科

お問い合わせ
079-268-0700

しみず眼科

MENU

加齢黄斑変性症

Medical

Medical加齢黄斑変性

加齢により網膜中心部である黄斑に障害が生じ、見ようとする中心部分が見えなくなり視力が低下する病気です。欧米では失明原因の第一位で、日本でも人口の高齢化と生活の欧米化により、罹患する方は増加しています。50歳以上の人の約1%にみられ、高齢になるほど多くみられます。発症のリスクを高めるのは、加齢だけではなく、喫煙や紫外線なども関係していると言われています。

原因

加齢物質に対する炎症などで新生血管と呼ばれる悪い血管が黄斑にでき、この新生血管が出血したり、血液成分が網膜内に漏れて網膜内に溜まり、その結果網膜が腫れて、視力低下や中心視野障害や物が歪んで見える変視症などの自覚症状が現れます。詳しい原因は分かっていませんが、特に喫煙が影響するのではないかと言われています。

治療

新生血管を沈静化させる薬を硝子体内に注射する抗VEGF療法という方法を第一選択とする場合が多いです。

その他にも、光に反応する薬剤を体内に注射し、新生血管に到達したときに弱い特殊なレーザーを照射して新生血管を消退させる「光線力学的療法」があります。

また喫煙は加齢黄斑変性の危険因子と言われており、禁煙によって進行速度を緩めるとも言われています。喫煙される方は禁煙をお勧めします。

Medical List診療案内