しみず眼科

お問い合わせ
079-268-0700

しみず眼科

MENU

網膜剥離

Medical

Medical網膜剥離

網膜剥離とは網膜が網膜の下の組織から剥がれることにより、視力低下・視野障害をきたす病気です。若年者(10から20歳台)と中高年(50から60台)に好発します。若年者は近視で進行が比較的遅いことが多いですが、中高年者は進行が速く、黒い虫のようなものが飛んでいるように見える飛蚊症の後に起こることが多いようです。

原因

目の内部を満たす硝子体は通常ゼリー状ですが、加齢により一部が液状化し、可動性が上がることによってゼリー状の硝子体が眼球の動きに連動して移動するようになります。その際硝子体に網膜が引っ張られると裂け目(網膜裂孔)ができることがあります。裂け目から網膜の下に水が入ると網膜がはがれ、網膜剥離となります。

症状

初期では、黒い虫のようなものが飛んでいるように見える飛蚊症や目に光が当たっていないのにキラキラ光っているように見える光視症を自覚します。

網膜剥離が進んでくると、視野の一部が欠け、その視野異常がどんどん拡がって来ます。網膜の中心である黄斑に網膜剥離が及ぶと視力が低下します。

治療

網膜裂孔だけであれば、レーザー治療でまずは治療します。しかしレーザー治療を適切に施行しても、硝子体が網膜を引っ張る力が強ければ、網膜剥離に進展します。その場合は手術が必要です。すでに網膜剥離を生じている場合はレーザー治療では治りません。その場合は手術加療が必要です。

Medical List診療案内